スポンサーリンク

あまりに身体が辛いから抗精神病薬を断薬してみてる

最近、抗精神病薬ロナセンを追加してもらった。

ロナセンを飲むようになって、陰性症状が改善して気分が好くなったという話をちらほらと聞いていたからだ。

しかし、ロナセンを飲むと、身体がだるくなり、相当に長時間眠ってしまうようになった。

今まで、ジプレキサ・エビリファイ・レキサルティ・ロナセンと、陰性症状の改善に効果が期待できるという抗精神病薬を試してきたが、僕の場合はどれも精神活動を抑制するだけで、陰性症状には全く効かず、身体はだるくなってしまっていた。

忙しい時期で、この身体のだるさがあると、乗り越えるのは無理だと感じて、抗精神病薬を断薬している。

スマートウォッチ FitBit Charge 3 で睡眠をモニターしているが、数日は眠りにくくなって深い睡眠も短くなってしまった。

でも、その時期を超えると、身体も意識も活動的になってきて、好調😀

自分の場合は、薬を飲んでいた時期も再発はしたし、1番の原因は睡眠不足によるものだと分かっているので、良質な睡眠が取れれば大丈夫じゃないかな。

あの鉛のような身体と意識の重さがなくなったのは楽。

加齢で状態は落ち着く希有な疾病だというし、そろそろ断薬しても好いんじゃないか?って感じていることもある。

コメント