スポンサーリンク

「ゆとり」を感じるようになってきた

最近は「ゆとり」を感じるようになってきた。

統合失調症になってから、毎日が一杯一杯で、対極にある「焦る」気分が強かった。

父も統合失調症で僕も統合失調症。

僕の人生は統合失調症とは切っても切れない。

2012年から統合失調症に関するブログを書いた。

「統合失調症を巡る状況を何かしら変えたい!」というような強烈な使命感のようなもので、夢中になり、毎日24時間ブログのことを考えていたように思う。

それが、今は統合失調症当事者Lineグループ「すきゾ!」統合失調症家族会Lineグループ☆Pure Light☆が順調に成長して、2012年の頃と比べると統合失調症に関する集合意識が変わったようにも感じている。

僕自身、それほど大した病気ではないと感じるようになったし。

この流れはまだ小さいのかもしれないけど、これから大きな奔流となって統合失調症という「才能」が社会に貢献していくことに疑いは全く無い。

ブログも1日に1つ記事を書くぐらいで充分だと思うし、自分がすべき仕事を終わらせて、のんびりと「ゆとり」を持てるようになったのだろう。


「引き寄せの法則」という本には、自分の心が現実として投影されるとある。

この「ゆとり」が僕の現実をどのように変えていくのか、今からワクワクしている。


コメント